078KOBE 2021 FILM × ハーバーシネマ

汐風のオープンシアター

ダイナミックな300インチの大スクリーンと180インチビジョンで観る名作

©︎映画「心の傷を癒すということ」
製作委員会
©︎2017 ひろやまひろし・TYPE-MOON/KADOKAWA/
『劇場版
プリズマ☆イリヤ』
製作委員会
©︎2006「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」
製作委員会
©︎円谷プロ
©︎2017映画「勝手にふるえてろ」
製作委員会
(C)映画「心の傷を癒すということ」製作委員会

18:30

「誰も一人ぼっちにさせへん」

●認定NPO法人D×P代表 今井紀明
●本作プロデューサー 京田光広

19:00

「心の傷を癒すということ 劇場版」

今から26年前の阪神・淡路大震災、自ら被災しながらも、被災地を奔走し「心のケアのパイオニア」となった若き精神科医・安克昌。手探りで被災者一人一人の声に耳を傾け、寄り添い続けた日々。傷ついた人の「心」に向き合う壮絶な日々と彼を懸命に支えた家族との「絆」を描く感動のヒューマンドラマ。“誰も一人ぼっちにさせへん”・・・主人公の言葉をコロナ禍の今の時代に届けます。

●出演/柄本佑、尾野真千子、濱田岳、森山直太朗、キムラ緑子、石橋凌、近藤正臣、他
●原案/安克昌「心の傷を癒すということ 神戸・・・365日」(作品社)
●脚本/桑原亮子 ●音楽/世武裕子

(C)2021 ひろやまひろし・TYPE-MOON/KADOKAWA/
劇場版「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ Licht 名前の無い少女」製作委員会

15:00

劇場版「Fate/kaleid liner
プリズマ☆イリヤ Licht 名前の無い少女」
公開記念トークショー

●出演/門脇舞以(イリヤ役)、名塚佳織(美遊役)、
作品スタッフ
南かおり(ラジオ関西「青春ラジメニア」パーソナリティー)

門脇舞以
名塚佳織
南かおり

16:00

劇場版「Fate/kaleid liner
プリズマ☆イリヤ〜雪下の誓い〜」

美遊と平行世界の士郎の過去が描かれる物語。世界の救済に使うため、神稚児だった美遊を保護した士郎の養父・切嗣。だが士郎は切嗣亡き後、家に閉じ込められていた「妹」である美遊を外の世界に連れ出す決意をする。美遊を狙うかつての親友ジュリアンとの対決の中で、士郎は美遊をイリヤたちの世界へと送り出すのだった。

18:00

サイレント映画「キートンの隣同士」劇場版

●1920年 主演バスター・キートン 16分
●活動写真弁士 大森くみこ

18:30

女子会トーク
「勝手に語ってろ」

●出演/南かおり、ケーちゃん、大森くみこ

(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

19:00

「勝手にふるえてろ」

私には彼氏が2人いる–突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。

●出演
松岡茉優、北村匠海、渡辺大知、石橋杏奈、古舘寛治、片桐はいり、他
●監督・脚本
大九明子
●原作
綿矢りさ 「勝手にふるえてろ」

(C)2021「僕と彼女とラリーと」製作委員会

PR

※作品上映はありません

「僕と彼女とラリー」

2021年11月の「FIA世界ラリー選手権(WRC)」開催地となる愛知県豊田市・岐阜県恵那市を舞台に、ラリーを通して若者の再生と夢にチャレンジする人々を描く。父親との確執により過去にとらわれ将来に迷う主人公の青年・北村大河を森崎ウィン、大河の幼馴じみで自身のアイデンティティーに添い地元で暮らすシングルマザー・美帆を深川麻衣が演じ、葛 藤を抱えた若者が 故郷の美しい自然と人々の温かさに触れ、自身の夢と大切な絆を取り戻す姿を描いた心あたたまるヒューマンストーリー。

●出演/森崎ウィン、深川麻衣、他 
●監督・脚本/塚本連平
●主題歌/「JOYRIDE 」 加藤ミリヤ
●公開/2021年10月1日(金)全国ロードショー
●公式サイト/bokukano-rally.com

劇中使用車両と大学自動車部の競技車両を会場に共同展示!

(C)2021「僕と彼女とラリーと」製作委員会
(C)円谷プロ

15:00

「勝手にお祝い!
ウルトラマンシリーズ55周年記念トーク」

●出演/岩崎和夫(ラジオ関西「青春ラジメニア」パーソナリティー)
慈憲一(灘百選の会事務局長)
大鹿達弥(マリンピア神戸 さかなの学校校長)

16:00

「第14・15話 ウルトラセブン ウルトラ警備隊西へ(前後編)」

東洋一のマンモス港・神戸を中心に、外国人が相次いで殺害されるという事件が発生。被害者は地球防衛科学班のチーフたちであった。事件は自分たちの星に打ち上げられた観測ロケットを侵略と誤解したぺダン星人の仕業によるものであった。六甲山にある防衛センターを襲撃したスーパーロボット・キングジョーに対し、撃退法の研究が開始される。ダンは、ぺダン星人と会見し誘拐されたドロシーの解放と研究中止を交換条件として提示する。了承したかに見えたぺダン星人は、再びキングジョーを神戸港に出撃させる!


●出演/森次浩司、菱見百合子、中山昭二、石井伊吉、阿知波信介、古谷敏、他
●監督/満田かずほ
●特殊技術/高野宏一
●脚本/金城哲夫
●製作年/1967

18:00

「ロケ地としての神戸の魅力〜中小和哉監督を迎えて」

●出演/小中和哉監督(ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟)
神戸フィルムオフィス

小中和哉 プロフィール
1963年生まれ 自主映画製作を経て『星空のむこうの国』(86)で商業映画デビュー。『ウルトラマンゼアス2』(97)以降、映画とテレビシリーズ両方の平成ウルトラシリーズに深く関わる。映画『ウルトラマンティガ・ダイナ&ガイア 超時空の大決戦』(99)、『ULTRAMAN』(04)、テレビ『ウルトラマンダイナ』(97)、『ウルトラマンネクサス』(04)など。他に、映画『七瀬ふたたび』(10)、『赤々煉恋』(13)、テレビ『南くんの恋人』(15)、『いいね!光源氏くん』(20.21)など。最新作はデビュー作をセルフリメイクした映画『星空のむこうの国』(21)。

(C)2006「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」
製作委員会

19:00

「ウルトラマン メビウス&ウルトラ兄弟」

ウルトラマンメビウスが地球防衛に就く20年前のこと。異次元人ヤプールの怨念の集結した究極超獣Uキラーザウルスの地球侵攻を阻止するため、ウルトラ4兄弟は月面で激しい戦いを展開。苦闘の末にUキラーザウルスを神戸港沖に沈め、ヤプールの怨念も封印した。そして現在・・・4兄弟は地球人の姿で生活をし、封印を監視し続けていた。神戸港における異変を察知し、調査のため現地へ赴いたウルトラマンメビウス=ヒビノ・ミライ。地球征服をたくらむ宇宙人連合のテンペラー星人から挑戦を挑まれるが、退けてしまい・・・。

●出演/五十嵐隼士、黒部進、森次晃嗣、団時朗、高峰圭二、いとうあいこ、田中碧海、仁科克基、氷川きよし、他
●監督・特殊技術/小中和哉 ●脚本/長谷川圭一
●製作年/2006

access

アクセス

・JR「神戸駅」
・神戸市営地下鉄
「ハーバーランド駅」
から徒歩8分

●主催:078KOBE実行委員会 ●共催:神戸市 ●後援:神戸商工会議所、一般社団法人神戸経済同友会、神戸青年会議所、公益財団法人神戸ファッション協会、公益財団法人神戸市民文化振興財団
株式会社神戸新聞社、株式会社サンテレビジョン、株式会社ラジオ関西、NHK神戸放送局、Kiss FM KOBE、地域ICT推進協議会(COPLI)、西日本旅客鉄道株式会社、阪急電鉄株式会社
阪神電気鉄道株式会社、神戸電鉄株式会社、山陽電気鉄道株式会社、神戸市交通局(順不同)
●協力:ハーバーランド運営協議会来街促進委員会、神戸ハーバーランド株式会社、ヒョウゴベンダ
一般財団法人神戸観光局、神戸フィルムオフィス、名古屋テレビ放送株式会社、神戸まちかどシネ倶楽部、神戸大学体育会自動車部、神戸芸術工科大学、KOBE鉄人PROJECT 

お問い合わせ

078KOBE実行委員会事務局(神戸新聞事業社内)

Tel
078-371-0085

担当
中村、城戸、橋本